森川達貴くんが日本建築学会東海支部学生優秀学術講演賞を受賞


受賞者:森川 達貴(理工学部建築学科4年、松田和浩准教授研究室)

受賞名:2019年度 日本建築学会東海支部 学生優秀学術講演賞

受賞日: 2020年3月吉日

受賞テーマ:電気配線用ケーブルラック耐震支持の力学的挙動に関する実験研究

大地震時に人命を確保しつつ、その後の建物の継続使用までを可能とするために は、柱や梁といった構造部材だけでなく、天井などの非構造部材の耐震性を向上 させる必要があります。本研究では、非構造部材として電気配線用のケーブル ラックに着目し、建築設備の耐震設計・施工指針で定められた3種類の耐震支持 について、その力学的特性を構造実験により検証しています。同賞の受賞者数は 大学院生を含めた全審査対象数の10%程度とされているなか、学部生ながら見事 に受賞に至りました。

 

森川くん

 

実験の様子

本サイトは、名城大学理工学部建築学科のイマを伝えるため、学科有志により運営しています。

    在校生専用ページログイン

名城大学
理工学部建築学科
理工学研究科建築学専攻

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口1-501
TEL:052-832-1151(代)
このページのTOPへ