間瀬圭祐くんが日本建築学会東海支部学生優秀学術講演賞を受賞


受賞者:間瀬 圭祐(理工学研究科建築学専攻修士課程1年,岡田恭明教授研究室)

受賞名:2020年度 日本建築学会東海支部 学生優秀学術講演賞

受賞日: 2021年3月吉日

受賞テーマ:排水立て管・継手から発生する騒音の評価実験

中高層建築に配管されている排水設備は,従来,鋳鉄製の排管が主に用いられてきましたが,錆や腐食による経年劣化,施工時の作業効率などの観点から,軽量である樹脂製管が主流になりつつあります。しかしながら,静穏な生活空間において,排水騒音自体のレベルは低いものの,苦情の原因の一つになることも少なくありません。そこで本研究では,樹脂製の排水設備が取り付けられた実験タワーにて騒音の測定を行い,その放射特性や管種による騒音低減効果などについて検討しています。その他,居室を模擬した空間内で可聴される音の評価方法についても報告しています。

間瀬圭祐くん

本サイトは、名城大学理工学部建築学科のイマを伝えるため、学科有志により運営しています。

    在校生専用ページログイン

名城大学
理工学部建築学科
理工学研究科建築学専攻

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口1-501
TEL:052-832-1151(代)
このページのTOPへ