坂本遼くんが日本建築学会大会で優秀発表賞を受賞


受賞者:坂本 遼(理工学研究科建築学専攻修士1年、松田和浩研究室)

受賞名:2021年度 日本建築学会大会学術講演木質構造部門優秀発表賞 受賞 

受賞日: 2021年12月吉日

受賞テーマ:プレストレスで支持材を補強したオイルダンパー木質制振壁の開発
      その3 支持材にLVLを用いた試験体における静的載荷実験

戸建住宅に導入される制振壁を開発する際は、地震エネルギーをダンパーへ効率的に流すことが重要になります。そこで本研究では、制振壁のエネルギー吸収性能を向上させるために、ダンパーが接続される支持材全体にプレストレスを導入し、ブレース・横架材・接合部等に生じる局所的な変形を最小化する手法を提案しており、この手法を用いた制振壁に構造実験を実施することで、その力学的挙動を詳細に把握しました。同賞の受賞者数は、審査対象である満30歳以下の若手研究者の内の約10%程度とされているなか、見事に受賞に至りました。

http://news-sv.aij.or.jp/kouzou/s35/kekka2021.html

本サイトは、名城大学理工学部建築学科のイマを伝えるため、学科有志により運営しています。

    在校生専用ページログイン

名城大学
理工学部建築学科
理工学研究科建築学専攻

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口1-501
TEL:052-832-1151(代)
このページのTOPへ